新生児の睡眠時間の平均について | シーズン
新生児 睡眠時間

睡眠

新生児の睡眠時間の平均について

この記事の所要時間: 550

初めての子供を育てるとなると色々な不安やわからないことが多いと思います。その中でも生後間もない赤ちゃんはどれくらい寝るのが良いのか気になると思います。昼夜問わず睡眠を繰り返している我が子が心配になることもあると思いますので、今回は新生児の睡眠時間について詳しく調べてみました。

小さなお子さん生まれた方は参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

新生児の平均睡眠時間は?

睡眠画像引用元http://akachannenne.com/

新生児の平均睡眠時間は赤ちゃんによって異なりますが、平均でも15時間以上とされています。我が子が異常に寝ていて心配と思っている方も、15時間は平均的な数値なのでまず心配することはありません。

新生児でも1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月と育っていくと睡眠時間は異なってきます。

0~1ヶ月の新生児

1歳画像引用元https://akachanikuji.com/suiminjikan

生まれて間もない時期の新生児ですが、この時期の平均睡眠時間は16~18時間眠るとされています。

だいたい1~2時間感覚で睡眠をとり、その間の寝ない時間にミルクを与えることになります。1日のほとんどを睡眠時間に当てる時期になります。

1~3ヶ月の新生児

2かげつ画像引用元https://akachanikuji.com/3months

生まれて数ヶ月が経った時期の新生児の平均睡眠時間はおおよそ14~15時間とされています。間隔としては3時間睡眠を取って起きるというのを繰り返しますので、ある程度の長時間睡眠をすることができるようになります。

それでも夜中に起きてしまうことが多いので、まだまだ手がかかる時期です。

3~6ヶ月の新生児

3ヶ月画像引用元http://babybaby-net.com/

この時期の平均睡眠時間は13~14時間とされています。お腹から出てきて徐々に環境に慣れ始めてくる頃なので、夜の寝る時間にも6時間以上まとまった睡眠をとることができるようになります。

この頃には母親の負担も少しずつ軽くなりますので、育てるのが楽になってきます。

睡眠と成長の関係性について

質画像引用元http://maternity-march.jp/akachanhikosi0927/

赤ちゃんに取って睡眠をとることは何よりも重要なことになります。睡眠中に脳や発育を促す『成長ホルモン』が分泌されますので、ここで体の疲れや精神的な疲労も回復してくれます。

赤ちゃんは数時間で目を覚ますことが多いので、なるべく睡眠の質を上げることのできる環境を整えてあげることが大切です。

なぜ新生児は昼間に寝るのか?

昼画像引用元http://www.amoma.jp/

生まれて間もない新生児というのは、まず生活リズムがついていません。

なので例え夜中であっても目覚めて元気に過ごすことが多々あります。大人ならば昼間に起きて夜眠くなる体質になっていますが、赤ちゃんはこのサイクルになるまでに2~3ヶ月の期間を必要とするようです。

新生児の期間を過ぎると寝る時間が減る

すぎる画像引用元http://www.skincare-univ.com/article/000357/

新生児期間は1日のほとんどの時間を睡眠で過ごしますが、この時期を過ぎると昼間に起きている時間が長くなり、睡眠時間が徐々にまとまってくるようになります。昼間に長く起きて動き回ったりして運動能力も日に日に向上していきます。

この頃には授乳やおむつ替えなどの頻度も少なく済むので安定した生活ができるようになります。

新生児の睡眠不足は悪影響を及ぼす

及ぼす画像引用元http://www.atama-bijin.jp/

新生児が寝すぎだと感じる方もいると思いますが、実は睡眠時間が長いことはとても大切です。

スポンサードリンク

逆に寝る時間が短くなってしまうと新生児の成長に大きな悪影響を及ぼします。

脳や体の成長に悪影響

成長画像引用元https://192abc.com/27586

人間の成長を促すのが成長ホルモンですが、このホルモンは睡眠時に現れます。ですが睡眠時間が少なくなってしまうとこのホルモンが分泌されなくなるため、脳や体の成長に悪い影響をもたらすのです。

この期間の睡眠というのは非常に大事なものなので、睡眠環境を整えることが大切です。

精神的に不安定になる

不安定画像引用元http://josei-bigaku.jp/akatyannaku3500/

夜寝かしつける時間に、親がテレビを見ていたり部屋を明るくしている場合には、睡眠の質が下がり赤ちゃんがぐっすりと寝られません。眠れたとしても短い時間しか眠ることができなくなり、情緒不安定になることがあります。

部屋の明るさやテレビの付けっ放しといった睡眠の質を下げることはやめておきましょう。

成長ホルモンが分泌されない

おすすめ画像引用元http://babys-present.com/category8/entry31.html

成長ホルモンは身長を伸ばすこともそうですが、それ以外にも骨や筋肉、脳内神経を成長させるために必要不可欠案ホルモンとなります。この成長ホルモンを出すには睡眠の質を上げるしか方法がありません。

なので赤ちゃんの睡眠環境を整えなければ今後の成長にも影響が出てきます。

生後3ヶ月までは特に睡眠時間に注意する

楽しみ画像引用元http://childparade.onehooo.com/?p=97

この時期の赤ちゃんというのは睡眠時間が安定していません。

いつ寝るかわからないですし、夜中に起きて元気になってしまうこともあります。母親は大変だとは思いますが、この頃の睡眠時間がこれからの成長に大きく影響を与えますので、特に生後3ヶ月の期間はつきっきりで面倒を見てあげましょう。3ヶ月を過ぎれば睡眠時間も安定してきますので楽になります。

まとめ

まとめ画像引用元http://karadanote.jp/3820

うちの赤ちゃんは寝すぎなのではと思っていた方も、赤ちゃんの平均睡眠時間を見れば問題無いということがわかっていただけたと思います。数時間おきに起きてしまう赤ちゃんですが、その中の睡眠時間ですくすくと育っています。

なので生まれてから3ヶ月は夜中に起きたりと大変だと思いますが、なるべく赤ちゃんをあやして寝かせるようにしましょう。我が子が成長していく姿を横で暖かく見守っていきましょう。

オススメ記事



スポンサードリンク
   

ピックアップ記事

  1. 魅力的な二重を手に入れる方法
  2. ポケモンGOのポケコインを無料で安全な集め方

関連記事

  1. 20代の睡眠時間の理想は?!

    睡眠

    20代の睡眠時間の理想は?!

    学生から社会人になり、仕事も忙しく寝る時間が少なくなってしまうことも多…

  2. 寝起き 腰

    睡眠

    寝起きに左の背中が痛い時の原因と対処法について

    朝起きたらなぜか背中が痛い(特に左側)ことがあります。心当たりが全くな…

  3. 寝起き

    睡眠

    寝起きがだるい・・・その原因と対策について

    睡眠時間はバッチリ取っているのにもかかわらず、朝起きると体が異常にだる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017年福袋ナノユニバースのレディース中身のネタバレと予約…
  2. 2017年タリーズの福袋の予約開始日と中身のネタバレ情報
  3. 目の充血の原因ってストレスって本当なの!?
  4. レディース・冬コーデ特集!ダンガリーシャツの着こなし術
  5. 2016年冬のGUファッション!チェスターコートが圧倒的人気…

ピックアップ記事

  1. クリスマスプレゼント
  2. セブンイレブンのワンピースキャンペーン!缶バッジなどの詳細について
  3. 口内ヘルペスと口内炎の違いについて
  4. インフルエンザ
  5. クリスマスデート
  1. 今宮神社の紅葉

    紅葉

    2016年今宮神社の紅葉の見ごろと時期について
  2. 秋冬コーデ

    メンズ 秋冬コーデ

    2016年40代メンズ(男性)の冬ファッションコーデ特集
  3. 北海道のライトアップされる紅葉

    紅葉

    2016年北海道のライトアップされる紅葉スポット
  4. ポケモンGOヤドラン

    ポケモンGO

    ポケモンGOヤドランのおすすめの技とレア度について
  5. ダンガリーシャツコーデ

    レディース 秋冬コーデ

    レディース・冬コーデ特集!ダンガリーシャツの着こなし術
PAGE TOP