2016年台風7号の最新の気象庁の進路予想について | シーズン
上していき、そのまま北日本の方向に進んでいくことが予想されます。このまま

台風

2016年台風7号の最新の気象庁の進路予想について

この記事の所要時間: 510

2016年も8月に突入して暑さも日に日に増しています。そんな中で今回は、ちょっと嫌なニュースをお届けしたいと思います。それは夏の時期になると増えてくる「台風」についてです。

2016年の今年は、昨年や一昨年に比べて台風も少なく今年は、台風が来る事はほとんど無いのかなと思っていましたが、つい先日台風6号が発生して日本に直撃することはありませんでしたが、今回またすぐに台風7号が日本に接近している状況です。

スポンサードリンク

台風7号の今後の進路予想について

台風7号の今後の進路予想画像引用元:http://www.tenki.jp/forecaster/diary/deskpart/2015/05/09/23951.html

それでは、今回は台風7号の進路予想について詳しく紹介していきたいと思います。この台風7号は、 8月の14日あたりに発生しました。そして最新の天気予報での進路予想を見る限り関東地方に直撃する可能性は、非常に高いと思います。

そしてその後の動きについても、日本列島をそのまま北上し東北地方、北海道を通過していくような動きが予想されています。

台風7号は関東地方にいつ直撃するのか

台風7号は関東地方にいつ直撃するのか画像引用元:http://taka-style.net/post-1972

それでは、この台風7号がいつ頃関東地方に接近して直撃するのかということについて調べていきたいと思います。8月15日現在の台風の動きを見る限り明後日の8月17日(水曜日)辺りに接近するという風にはれています。

ちなみに8月14日時点での関東地方への接近する予想日にちは、8月18日頃と言われていましたが、少し動きがずれて1日早まったようです。

お盆明けで影響も大きい

お盆明けで影響も大きい画像引用元:http://www.kyodo.co.jp/photo-news/2012-10-01_67267/

8月17日頃、関東地方に台風7号が接近すると言われていますか、この時期はお休みも開けて多くの人が仕事などが始まる時期です。この事を考えると、台風7号が与える影響は大きくなると予想されます。例えば通勤ラッシュなどもそうですし、電車やバス公共機関での移動している方などは、時間のずれなどが生じてくる可能性があります。

この辺も、事前に会社からの連絡などがあるかと思いますが、会社の行き帰りなどはいつも以上に充分注意して行動するようにしましょう。

2016年台風7号の詳細について

それでは、今回の台風7号の詳細について詳しく調べていきたいと思います。まずはこの台風7号の勢力についてです。

  • 中心気圧:985 hpa
  • 中心付近の最大風速:25 m
  • 最大瞬間風速35メートル

上記の数値が今回の台風7号の詳細になります。この台風7号が日本列島に接近してくることによって、非常に強い風が吹き荒れて海が太子なることが予想されるそうです。強風やうねりを伴った高波に警戒、注意が必要です。

台風7号の今後の動きについて

台風7号の今後の動きについて画像引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00010001-wmapv-soci

それでは、台風7号の今後の動きについて詳しく解説していきたいと思います。台風7号は今後も、海面水温の高い地域を進むと予想されています。上記の画像を見てもらえばわかるように赤く塗られている部分が海面温度の高い地域です。

スポンサードリンク

という事はこのまま関東地方のほうに北上していき、そのまま北日本の方向に進んでいくことが予想されます。このままの流れで台風7号が進路を変えずに進んでいくと、日本列島に大きな影響与えることが簡単に一掃できます。

関東地方

関東地方画像引用元:http://khkg121.com/archives/1653.html

関東地方は、先ほども簡単に説明しましたが、火曜日の夜から水曜日の朝にかけて最も台風7号が近づくと予想されています。

その後そのまま北日本へ北上する見通しです。台風が接近するのは、火曜日の夜から水曜日の朝にかけてということですが、火曜日の午後ぐらいには、台風の雲が関東地方にかかり出し雨や風も強くなることが予想されています。

という事は、火曜日の帰宅ラッシュの時間帯は雨や風も強くなっており危険な場所などもあると思いますので10分注意してください。そして水曜日の朝になると、台風は北日本の方へ移動していますが、まだ風邪などは強い状態が続くことが予想されます。

東北地方

東北地方画像引用元:http://blog.goo.ne.jp/doom321/e/4a31db10f8b4e4424d184b2e18a2b99e

水曜日の朝方は、関東地方に台風7号が接近していますが午後になると北日本にも活発な雨雲がかかる見込みです。ですので東北地方の方は、水曜日の朝方から雨と風が強くなり午後から夜にかけては1番台風の影響は受ける時間帯だと予想されます。

この動きを考えると水曜日は1日中台風に気をつける必要があります。

まとめ

台風画像引用元:http://www.jyukobo.co.jp/201507/2554/

今回は、台風7号の進路予想について紹介してきました。この台風7号は主に関東地方から北日本にかけて大きな影響与えることが予想されます。関東地方に近づくのは、8月15日の現在から2日後の17日あたりですのでこれからの期間充分注意して生活するようにしましょう。

そして関東地方の方だけではなく、北日本の方々も今のまま台風7号が進路を変えずに進んでいくと予想すると、北日本にも台風7号は急接近するので充分気を付けてください。それでは新しい情報が入り次第随時更新していきたいと思います。

オススメ記事



スポンサードリンク
   

ピックアップ記事

  1. ポケモンGOのポケコインを無料で安全な集め方
  2. 魅力的な二重を手に入れる方法

関連記事

  1. 台風16号

    台風

    2016年台風16号最新の進路予想!九州・関西・関東について

    今回は、 2016年の台風16号の最新の進路予想について解説していきた…

  2. 台風5号

    台風

    2016年台風5号の最新情報!今後の進路予想では関東直撃濃厚か?!

    2016年8月に入り、遂に台風5号が発生してしまいました。昨年の201…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. メンズのフライトジャケットの着こなしコーデ術
  2. 冬の40代女性にオススメのオフィスカジュアルコーデのポイント…
  3. 2017年福袋ナノユニバースのレディース中身のネタバレと予約…
  4. 2017年タリーズの福袋の予約開始日と中身のネタバレ情報
  5. 目の充血の原因ってストレスって本当なの!?

ピックアップ記事

  1. 養老渓谷の紅葉
  2. ローソン スヌーピー 傘 売ってない
  3. スタジャンコーデ
  4. メンズファッションコーデ
  5. トイレ掃除
  1. 目の奥が痛い!

    目が痛い

    目の奥が痛い!頭痛や吐き気がある場合の原因と対策
  2. ライダースジャケット

    メンズ 秋冬コーデ

    冬にオススメのメンズのライダース ジャケットの着こなしコーデ特集
  3. ジャケットコーデ

    レディース 秋冬コーデ

    ライダースレディースコーデ!冬の着こなし術!
  4. 白川郷の紅葉

    紅葉

    2016年岐阜県白川郷の紅葉の見ごろと時期について
  5. インフルエンザ

    インフルエンザ

    子供と大人のインフルエンザの検査料金について
PAGE TOP