2016年インフルエンザワクチンの価格(値段)!大人と子供での差は? | シーズン
インフルエンザ

インフルエンザ

2016年インフルエンザワクチンの価格(値段)!大人と子供での差は?

この記事の所要時間: 80

毎年進化を遂げて私たちを脅威にさらしているインフルエンザウイルス。予防接種をしなくても全く感染しない方も稀にいますが、ほとんどの人は予防接種を受けて備えると思います。なので今回はインフルエンザワクチンについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

今年もインフルエンザはパワーアップして出現すると思いますので、できるかぎり予防接種をしておきましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種について

よぼうs 画像引用元http://matome.naver.jp/odai/2138736720866072101

毎年定期的に受けている方もいますが、今回初めて予防接種を受ける方もいると思いますので、今回は予防接種の疑問を解決していきたいと思います。

インフルエンザの予防接種の料金は?

料金画像引用元http://blogs.yahoo.co.jp/itofukushikai/18407338.html

一度も受けいたことがない方がまず気になるのは『料金』だと思います。地域によって多少の差はありますが、インフルエンザの予防接種の平均は

  • 大人:1回3000円
  • 子供:1回2300円

このようになっています。子供や高齢者の場合は無料で受けさせてくれる病院もあります。

1回受ければインフルエンザにはかからない?

女性画像引用元http://healthil.jp/44650

予防接種を受けることでインフルエンザにかかることはないと思っている方もいると思いますが、1回の予防接種ではインフルエンザを100パーセント回避することはできません。

あくまでも予防接種なので、インフルエンザに感染することはあります。

ではどのくらいの確率で予防できるのか?

確率画像引用元http://kidona.rakuten.co.jp/kireiup/relaxation/201411/1408/

最近の論文で証明されている確率としては、成人男性が1回予防接種をすることで64%の確率で感染を防ぐことができるようです。

ちなみに予防接種は2回受けることもできますが、2回の場合だと94%の確率で予防できるそうです。なので受験などの人生が決まる大切な日程がある方は2回予防接種をしておくと良いでしょう。

予防接種はいつ受けると一番効果が出るのか?

いつ画像引用元https://askdtopics.jp/articles/200055

予防接種は自分で受ける日を決めることができます。なので受けたいときに受けるのが良いですが、おすすめとしては12月の頭までに受けておくのが良いでしょう。

インフルエンザが大流行するのが1月とされていますので、抗体を作るための期間を考えると12月の頭もしくは中旬頃がベストになります。

去年予防接種を受けた場合は感染しないのか?

感染画像引用元http://woman.mynavi.jp/article/141101-64/

例えば昨年に予防接種を受けており、抗体を作ることができたとしても、今年のインフルエンザウイルスの遺伝子が同じだとは限りません。

以前に作った免疫が効かなくなるくらい進化して次の年に菌が生まれますので、毎年予防接種を受ける必要があるようです。

子供は2回受けるのが一般的

子供画像引用元http://ixil.info/archives/3870

基本的には、子供は予防接種を2回受ける必要があります。

1回のワクチンの量は大人と同じ量を受けているのですが、子供の場合は過去に類似のインフルエンザに感染していないことが多いので、2回のワクチン摂取により抵抗力を上げる必要があるからです。

大人も2回受けても問題なし

大人画像引用元http://youthful-beauty.info/hushin-yobousesshu-hinin-danna-kikan-6102

たとえ大人で昔に類似のインフルエンザに感染していたとしても、2回受けるのは全く問題ありません。

むしろ感染しずらくなりますので余裕のある方は受けておいたほうが良いでしょう。

受験生が予防接種を受けるベストタイミングは?

受験画像引用元http://www.sugoren.com/report/1414721585262/

今年の冬の受験で人生が変わる方も多いと思いますので、受験生がなるべく高い確率でインフルエンザを予防できるワクチン摂取のタイミングをご紹介したいと思います。

予防接種から1~2週間で体に抗体ができる

抗体画像引用元http://sd-beaute.angfa-store.jp/column/usuge-kaizen/760.html

インフルエンザの予防接種を受けてから1~2週間程度でまず体が抗体を作ります。

この抗体が低下していくのが3~5ヶ月になりますので、予防接種の効果があるのは2週間~5ヶ月の間になります。

絶対に2回受けたほうが良い

ピース・若い女性画像引用元http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1143874790497158801

受験生の場合はインフルエンザの予防接種では大人の扱いになります。

ですが確実に予防するためにも2回受けておきましょう。予防できる確率も格段に上がりますので、親御さんに頼んで必ず2回受けてください。

1回目の予防接種は11月の上旬がおすすめ

1回目画像引用元https://192abc.com/58005

インフルエンザの流行のピークが1~2月になります。

スポンサードリンク

そしてそこに受験シーズンもかぶっていますので、ここに照準を合わせていきます。そうするとまず1回目の予防接種を11月の上旬に受けるのがベストになります。

2回目の予防接種は11月中旬~下旬に受ける

人ぽ画像引用元https://pc.lnln.jp/article/mtihp-0000547-html

予防接種の効果が高くなるのが『2回目摂取後の1ヶ月後』とされています。インフルエンザウイルスの大流行の時期が1~2月ですので、11月の下旬までに2回目を終えていれば大流行したと同時に最高の状態で抗体が作られています。

受けるのが早すぎてしまうと抗体が弱まってしまいますので、この時期がベストです。

予防接種1回目と2回目の間隔は4週間がベスト

4週間画像引用元https://192abc.com/10760

予防接種1回目を受けてからすぐに2回目を受けても効果はありますが、最大限抗体を強めたい場合は4週間前後で2回目を受けましょう。

理由としては『ブースト効果を出すため』です。

ブースト効果とは?

女性画像引用元http://itmama.jp/2016/02/11/112008/

1回の予防接種で抗体を体に作った後は、1ヶ月経つと抗体がほとんどなくなってしまいます。

その抗体がなくなりかけていた時期にもう1回予防接種を受けることによって免疫力が何倍にも跳ね上がります。これをブースト効果と呼ぶのですが、間隔を1ヶ月空けることでこのブースト効果が一番跳ね上がりますので、この時期に必ず予防接種をするように心がけましょう。

インフルエンザの予防接種の副作用は?

ダメ画像引用元http://ferrethjobs.com/archives/331

このインフルエンザワクチンを摂取することによっていくつかの副作用が報告されています。

予防接種を受けた方の10~20%の確率で摂取をした部分が腫れることがあります。もしこの症状が出たとしても2~3日で治りますので安心してください。

全身の副作用について

全身画像引用元http://bustup-meister.com/lifeup/224.html

摂取を受けた5~10%の人に、下痢や発熱、頭痛や嘔吐などの症状が出ることもあるようです。

ですがこちらの症状に関しても2~3日でなくなりますので重症になることはありません。

普段の生活習慣が一番大切

生活画像引用元http://health-good.jp/himan-garushinia/

予防接種でインフルエンザに感染する確率は低くすることができますが、冬の時期はそれ以外の病気も流行します。

なので普段の生活が乱れていると、体の抵抗力がなくなり風邪などに感染してしまうこともあります。まずは手洗いうがいを徹底し、バランスの良い食生活を心がけることが先決です。

まとめ

合格画像引用元https://topicsfaro.com/takken.html

毎年猛威を振るうインフルエンザウイルスですが、今年も新型で強いウイルスが登場することになると思います。受験生の場合は感染してしまうと勉強や試験に影響が出ますので、必ず2回予防接種を受けるようにしておきましょう。

正しい方法で予防接種を受けておけば、よほど生活週間が乱れないかぎり感染することはないでしょう。今回の記事を参考に、ぜひインフルエンザの予防接種を受けていただければと思います。

オススメ記事



スポンサードリンク
   

ピックアップ記事

  1. ポケモンGOのポケコインを無料で安全な集め方
  2. 魅力的な二重を手に入れる方法

関連記事

  1. インフルエンザ

    インフルエンザ

    インフルエンザは自然治癒で治る!?その時免疫はつくのか?!

    今回はインフルエンザを薬で完治させるのではなく、自然治癒で治すことにつ…

  2. インフルエンザ 赤ちゃん

    インフルエンザ

    インフルエンザの赤ちゃんの予防接種はいつから受けれるのか?!

    大人とは違い、体の免疫力が弱い赤ちゃんはインフルエンザになってしまうと…

  3. インフルエンザ

    インフルエンザ

    インフルエンザA型の潜伏期間は感染して何日なのか!?

    今回はインフルエンザのA型について詳しくお伝えしていきたいと思います。…

  4. インフルエンザ アルコール消毒

    インフルエンザ

    インフルエンザ菌にはアルコール除菌が効果的なのか!?

    今回はインフルエンザの予防法について詳しく調べてみました。流行…

  5. インフルエンザ

    インフルエンザ

    子供と大人のインフルエンザの検査料金について

    今回は子供のインフルエンザの検査について詳しくお伝えしていきたいと思い…

  6. インフルエンザ

    インフルエンザ

    インフルエンザA型とB型に両方かかる可能性はあるのか!?

    今回はインフルエンザのA型とB型の違いについてお伝えしていきたいと思い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017年福袋ナノユニバースのレディース中身のネタバレと予約…
  2. 2017年タリーズの福袋の予約開始日と中身のネタバレ情報
  3. 目の下の痙攣が続く原因は疲れ?ストレス?一体何?!
  4. 目の充血の原因ってストレスって本当なの!?
  5. レディース・冬コーデ特集!ダンガリーシャツの着こなし術

ピックアップ記事

  1. ポケモンGOジムの戦い方で回復の仕方について
  2. クリスマスプレゼント
  3. メンソレータム リップ
  4. ハロウィン 仮装 赤ちゃん
  5. 麻疹 予防接種
  1. 大阪箕面の紅葉

    紅葉

    大阪箕面の紅葉のライトアップと混雑状況!お土産はもみじの天ぷら!
  2. インフルエンザ

    インフルエンザ

    2016年インフルエンザワクチンの価格(値段)!大人と子供での差は?
  3. 正露丸 下痢

    下痢

    正露丸は下痢に効果あり!?副作用の心配は?!
  4. インフルエンザ

    インフルエンザ

    インフルエンザB型の潜伏期間は感染して何日?!
  5. 男性 筋トレ 太もも

    ダイエット

    男の筋トレで太ももを細くする方法
PAGE TOP