男女共通!看護師に出会いはないは嘘!最適な方法で出会う方法

今回の記事では出会いが少ないと感じる看護師に向けた記事となっております。

こういう方におすすめの記事
  • 看護師になるんだけど、出会いとかあるのかな。
  • 看護師やってるけど、全然出会いがない・・・。
  • ナースマンって需要ないの?

「看護師には出会いが少ない」

 

こう言われて、納得する方もいると思います。

 

世間では「看護師はとても人気が高い」と言われていますが、実際出会いの方はどうでしょうか。

のとのと

激務だから合コンとかも中々行けなさそうだよね。

せっかく、世間では男女関わらず人気の職種なのに出会いがないって勿体ないですよね。

 

今回はそんな看護師さんに向けて、おすすめの出会い方やパートナーから看護師として求められていることなどをまとめていきます。

この記事でわかること

  • 看護師はモテるかどうか
  • 看護師はなぜ出会いが少ないのか
  • 出会い方の種類
  • 一番看護師にオススメしたい出会い方
  • 看護師としてのセールスポイント
  • 看護師にオススメしたい相手の性格

それではまず、結論の方へ参りましょう

結論:看護師はモテる

正直に書きますと、看護師は出会い系市場ではものすごく価値が高いです。

のとのと

それなのになぜ、出会えないのだろう。

恐らく、看護師として働く前は「モテるだろうな」という気持ちが少しはあったと思います。

 

しかし、実際のところどうでしょうか。

 

今、こうしてこの記事を読んでいる方の中にも「出会いがない!」と嘆いている方はいるのではないでしょうか。

のとのと

あれだけ人気が高いイメージがあるのに、意外だよね。

豆知識:看護師がモテる理由
  • 気が利きそう。
  • なんか優しそう。
  • 一緒に話すときの距離がすごく近い。
  • 仕事柄色々な人と話すせいか、とても聞き上手。
  • なんとなく可愛い子が多いイメージ。
  • 人命に命を懸けている姿が尊敬できる。
それでは、なぜそんな魅力いっぱいの看護師に出会いがないのでしょうか。

看護師に出会いが少ない理由

こちらでは看護師に出会いが少ない理由についてまとめていきます。

のとのと

よく聞くのが、忙しすぎて出会いがないことを悩む時間もないって話だよね。

現役で看護師として働いている方ならお分かりの通り、看護師はとても激務なのです。

 

実はそこが看護師の出会いの少なさの理由でもあるんですね。

大前提として

お気づきの方は当然いると思いますが、女性の看護師が出会えない理由の第一位はもちろん職場内に男性がいないことです。

しかし、その理由はあまりにも当たり前過ぎて深く掘り下げられないので、こちらの記事では省かせていただきました。

とは言え、最近では看護科の男性比率が高まってきているので5年後、10年後あたりになれば、それなりに男性の看護師も増えると思います。

 

また、出会いがない人には共通の理由があります。詳しい情報は「出会いがない人がするべき行動5選!ないなら自分で作るしかない!」をご覧ください。

職場内の出会いが少ない

看護師という人の命にかかわる仕事の性質上、恋バナはもちろんプライベートの話がしにくいです。

 

なので、職場に気になる人ができたとしても、親密な話はし辛いんですよね。

のとのと

病院によっては看護師は患者との関係を取っちゃダメなんだよね。

職場でプライベート的な会話ができなければ、親しい間からにもなれません。

 

やはり、看護師は業務以外の会話をする暇がないみたいです。

日常サイクルが不規則

病院に務める以上、看護師のシフトはとても変則的です。

 

夜勤のシフトにもなると、夜中から早朝まで働くことになります。

 

そうなると、職場以外で気になる人がいたとしても予定が合わないので親しくなるのは難しいですよね。

のとのと

出会いの場とかも夜中シフトだったら行けないしね。

他にも

生活リズムが変則的ですと、日常生活にも影響があります。

それは「疲労」です。

睡眠時間が毎日違うので、身体の疲労がどんどん蓄積されていきます。

疲労が蓄積されていくと、休日もゴロゴロした日ばかり続くので、出会いの場に行くことすら億劫になってしまうんですね。

なので、シフトに夜勤が含まれているとこういった弊害も生じます。

偏見を持たれやすい

働いている当の本人たちは気づかないかもいしれませんが、世間のイメージ的に看護師は一体どんなモノなのでしょうか。

女性の場合:看護師は天使のようで、とても献身的。

男性の場合:女性だらけの環境で仕事してるから、女性慣れしてそう。

まあ完全な偏見ですよね。

 

勤務中ならまだしも、プライベートでもこう思われてしまうと心外です。

 

なので、そのイメージのままプライベートを知ると想像とギャップが生じて引いてしまう人がいるみたいです。

のとのと

そうなると、恋愛にも億劫になって出会うのがめんどくさいってなるよね。

業務が辛すぎる

看護師という仕事はとても大変です。

 

そのハードすぎる業務に看護師は常日頃から戦っています。

ハードすぎる看護師の業務
  • 患者の入浴、排せつ、食事の手助け。
  • 車いすに患者を乗降させる。
  • 入退院時の書類作成。
  • 複雑に入り込んだ人間関係。
  • どんどん進歩していく治療法の勉強、
  • いつ来るかもわからないナースコール。

看護師という仕事は体力的にも精神的にもキツいです。

 

なので、ほとんどの看護師が業務を終えたら寄り道せずに帰宅します。

 

上記にもあった通り、休日も疲れを癒そうとしてずっと寝てしまうんですよね。

のとのと

偶然、誰かと付き合えても休日ずっと寝てたら関係も長く続かないよね。

看護師の出会い方の種類

これまで、看護師がなぜ出会いえないのあkを説明してきました。

 

ほとんどに共通しているのが、看護師という勤務体制でした。

 

続いては肝心の看護師の出会い方の種類についてまとめていきます。

のとのと

良いのがあったら、ぜひとも参考にしてほしいなぁ。

職場

まずは一番オーソドックスなところから考えていきましょう。

 

実は「出会い」という側面だけでみると、結構あるんです。

女性の場合:院内にくる製薬会社や医療機器の営業マン。その他設備の業者。

男性の場合:同じ看護師はもちろんのこと、リハビリ士や薬剤師や事務員もいる。

このように、探そうと思えばいるんです。

 

しかし!業務があまりにも忙しいため、仲良くなれる間柄になれないのが現実ですね。

 

それでも「出会い」自体はあるので、ある程度仕事に慣れてきたら話しかけてみるのいいかもしれません。

実はあまりオススメできない職場恋愛

実は看護師関係なしに職場の恋愛はあまりオススメできません。

その理由としては以下のことが挙げられます。

  • 告白してみてダメだった時の気まずさ。
  • 無事付き合うことになっても、喧嘩したときに職場で気まずい。
  • 社内恋愛していることがバレたら、最悪他の看護師から嫌われる。
  • 隠しながら働く辛さ。

職場恋愛をする際はデメリットをしっかりと抑えてからするようにしましょう。

同僚のパートナーから

実はこれ結構聞く話だったりします。

 

看護師仲間の旦那や奥さんに紹介してもらうのは個人的にオススメしたいところです。

 

やっぱり、看護師と結婚していて看護師のことを理解してる人が選ぶ相手はとても信用できます。

のとのと

できればこれが一番だよね。男女ともにオススメしたい。

同窓会など、過去の繋がり

こういうご時世なので、同窓会は参加しづらいですよね。

 

それでも、ここ最近行けてない方は一度行ってみることをおすすめします。

 

学生の頃はまったく魅力に感じなかった相手も、年齢を重ねて再開したらいい人になってる可能性もありますし。

のとのと

人によっては同業者と付き合いたくないって人いるから、こういう出会いはありがたいよね。

マッチング系サービス

皆さんご存じの通り、最近ではネットでの出会いも容易になっていきています。

 

今までのイメージですと、やはり出会い系と聞くと身構えちゃいますよね。

 

しかし、最近のマッチング系サービスはほとんど安心できるものばかりとなっております。

のとのと

2008年の法改正が怪しいサービス軒並に潰れたからねえ。

出会い系マッチングサービスに対して懐疑心がまだある方は「損してる!出会いがないけどアプリが嫌と言う方は絶対に知るべき5つの事」をご覧ください。

看護師にとっての最適な出会い方はマッチングアプリ

私は出会いを求める看護師に一番最適な出会い方は「マッチングアプリ等の出会い系サービス」だと確信しています。

 

やはり、このご時世特に医療関係に務めている方ならわかると思いますが、とにかく感染するのが怖いですよね。

 

なのでコンパや合コン、飲み会などに行くと問題になるので、自宅だけで完結するものが望ましいです。

のとのと

そうなると、ネットだけでやり取りができるマッチングアプリは最適だよね。

マッチングアプリのメリット

  • 年齢関係なくできる。
  • 失敗しても同僚にバレない。
  • 普通に生きていたら中々関わる事のない人とも会える。
  • 相手も出会いを求めているので話がすぐにつく。
  • 文字だけでやりとりが終わる。

ざっと殴り書きしても、これほどメリットがありました。

 

特に3番目の「普通に生きていたら中々関わる事のない人とも会える。」はとてもロマンありますよね。

のとのと

アパレルとかIT企業に勤めてる人とかって、看護師だけのコネクションじゃ中々たどり着けないもんね。

自分のペースで進めることができる

職業の中でもさらに激務な職種の看護師。

 

マッチングアプリなら自分の好きな時間にいつでも進めることができます。

使用例
  • 会社の出勤、退勤時の電車やバスの中。
  • 家に帰って、疲れている時にソファで寝ころびながら。
  • 休日のちょっとした時間に。

やはり、合コンなどですと時間を合わせなければいけません。

 

そんな日に緊急で仕事になってしまったら、当然出会えませんよね。

 

そう考えると、自分の好きな時間に作業が進めれる「マッチングアプリ」は看護師にうってつけです。

看護師という強みを生かそう

皆さんご存じの通り、本来看護師はものすごくモテる職業なのです。

 

なので、マッチングアプリを利用する際は自分が看護師であることをアピールした方がいいですね。

のとのと

男女ともに好かれる職業だからね。

特に女性の看護師なんかだと、本当に男性が求めている職業なのでマッチング相手には困らないと思います。

一番オススメなマッチングアプリは「ワクワクメール」

ワクワクメールの特徴

マッチングアプリと言えばワクワクメールの存在を忘れてはいけません。

ワクワクメールは会員数も900万人を超える、老舗サイトです。

登録者も多いので、マッチング出来ないと悩む事もありません。

男性ユーザー 20代~60代
女性ユーザー 20代~40代
料金形態 ポイント制
オススメ度 ★★★★★

公式サイトはこちら

マッチングアプリには様々な種類がありますが、その中でも一押しなのが「ワクワクメール」ですね。

 

ワクワクメールはとにかく、安心安全のサイトなのです。

ワクワクメールの良い所
  • 24時間365日、運営による監視がされている。
  • 免許証等による年齢確認があるため、未成年とのトラブルを避けられる。
  • 利用者数は国内のマッチングアプリでもトップクラス(累計登録者数は900万人を超えている)。
  • 20年以上も愛されていて、出会い系サービス黎明期からの老舗(事件になったことは1度もない)。
  • 情報管理を厳重に取り扱っている企業にしか認められない「TRUSTeマーク」や「JAPHICマーク」を取得済み。

ワクワクメールは出会い系サービス界の大御所とも言えます。

 

ちなみに東京などでワクワクメールの巨大な広告を見かけることができますね。

看護師であるあなたに求められている事

続いて、実際に付き合うことになって相手側が看護師であるあなたに求められている事をまとめていきます。

 

こればかりは自分が看護師だと気づけない点もあると思うので、自分だけでは中々気づけない個所もあるでしょう。

のとのと

普通の会社員と違って、勤務時間とかシフト制で不規則だからね。

人気職とはいえ、その中でも看護師を選んでくれるってありがたいよね。

面倒見をよくして優しくしてほしい

やはり、看護師は面倒見が良いという気持ちで見られているみたいです。

 

風邪や熱になった時に優しく看病してくれるところに惹かれてしまうみたいです。

 

逆に、いきなり致命傷にもなる怪我や吐血した際は応急処置など頼りになる、つまり肝の座っている所に頼りに感じるみたいですね。

こうしてあげると効果的

相手が男性でも女性でも、自分のパートナーが看護師だったら甘えてくるはずです。

その際は優しく、普段の患者よりも気持ち甘めで看病してあげましょう。

おでこにシワは寄せないで、ニッコリ笑顔で安心させると良いですね。

夜勤だからこそ、自分の時間を大切にできる

普通の会社員と違って、ナースはシフト制で夜勤もあります。

 

パートナーとも会える回数、時間が減っていくので普通は辛くなりますね。

 

しかし、看護師と付き合いたい人は自分の時間を大切にしたい事が多いので、メリットが生じます。

のとのと

ごく限られた少ない時間で距離を縮めていくってのもロマンだよね。

他にも

看護師の休みは不定休です。

もしもパートナーも平日休みだったり、平日に休みのとれる人でしたら混雑しない日に遊びに行けたりできるメリットがあります。

ステータスにしたい

やはり、人間なのでついつい自分のパートナーはよく見られたいものです。

男性の場合:俺の彼女はナースさん!人気職だぜ!羨ましいだろ!

女性の場合:私の彼氏は珍しい男性看護師!とっても優しくて面倒見が良いの!

わかりやすく、かなり誇張しましたが大体このような感じです。

 

とにかく、パートナーがみんなに誇れるような看護師になりましょう。

看護師にオススメしたい相手の性格

最後に看護師にオススメしたいパートナーの性格についてオススメしていきます。

 

何度も説明している通り、看護師はとにかく人気職です。

 

なので、相手にはまず困らないでしょう。

のとのと

そうなったら、誰とマッチングすれば良いのか迷っちゃうよね。

迷わないためにも、ある程度自分の中でラインを引いておくと良いでしょう。

 

こちらの方ではその参考になる人を書いておきますので、ぜひとも参考に。

自立できている人

やはり、看護師という激務過ぎる業務をしていると時折、パートナーに細かな気遣いができない時があります。

 

そんな時にパートナーが「看護師は本当に激務なんだ」と理解してくれると良いですよね。

 

なので、精神的に大人、つまり自立できている人がオススメです。

のとのと

病院で散々疲れて、家に帰って毎日パートナーに気を遣ってたら疲れちゃうよね。

家事が得意な人

上記にある話と少し繋がりますが、家事を任せられる人が良いです。

 

やはり激務なので、家に帰っても家事をこなすのは体力が持ちません。

 

もしもパートナーが家事をまったくしてくれない人だったら・・・。想像するだけでも怖いですね。

のとのと

一番良いのが「子育てや家事が得意かつ好き」っていう相手だよね。

家にいる時だけは負担を軽くしたいのが本音ですよね。

 

ストレスなく、支え合って暮らすのが長続きのコツです。

まとめ

今回の記事でわかったこと

  • 看護師はモテる。
  • 看護師に出会いが少ない理由は勤務体制にあった。
  • 看護師にとって最適な出会い方はすき間時間でも進められる「マッチングアプリ」。
  • 相手が求めているパートナーになることが大切。

最初から「看護師は忙しいから出会いがない」と諦めてしまうのは勿体ないです。

 

そんな気持ちで業務をしていると、未来に不安を感じて表情も暗く、硬くなってしまいますね。

 

そうなってしまうと、プライベートだけではなく仕事も失敗してしまいます。

のとのと

不安を無くすことで、プライベートが充実に。

プライベートが充実になることで、仕事も順調に。

逆もまた然り。

とにかく諦めないことが肝心です。