好きな人に電話をする時に夜寝る前がいい理由について

ここの記事では好きな人に電話をする時になぜ、夜の寝る前が良いのかについて紹介していきます。

ここの記事で分かる事
  • 好きな人と電話するのっていつが良いの?
  • 好きな人と電話する時に気を付けた方が良いのって何?
  • そもそも好きな人へ電話するメリットってなに?

この記事を読んでいる方の中にも好きな人に電話をするタイミングに悩まされてる人はたくさんいるはずです。

 

好きな人と電話をしたい気持ちはあるものの、いつ電話をすれば良いのか分からないし、緊張だってしますよね。

 

なので、ここの記事では好きな人と電話するタイミングだったり、相手に電話をさせたいと思わせる理由、好きな人へ電話をする具体的な方法などを紹介していきます。

ここの記事で分かる事

  • 好きな人と電話をするタイミングが夜に良い理由
  • 好きな人にまた電話したいと思わせる方法ってあるの?
  • おすすめの誘い方って何?
  • 電話をする時の注意点は何かあるの?

好きな人への電話が寝る前が良い理由

まずは好きな人へ電話をするタイミングですが、やっぱり寝る前の時間が一番良いんですよ。

 

所謂「おやすみ電話」ってやつですね。

 

やっぱり、朝、昼、夕方よりも寝る前くらいが丁度良い理由がたくさんあるんですよ。

一番リラックスしているからゆっくり話ができる

働いている人の多くは、基本的に昼間仕事をしています。

 

そのため、一般的には夕方、あるいは夜以降は自宅に帰り、ゆっくり過ごしている事が最も多い時間帯ですね。

必然的に夜が良い

その中でも特に、寝る前は、ご飯も食べ終えお風呂も入り、テレビを見たりスマートフォンをいじったりお酒を飲んだり、多くの人がのんびりまったり自分の時間を過ごしている事が多いです。

やる事を全て終え後は寝るだけ、そんな状態の時間帯であれば、電話が最も迷惑になりにくいですよね。

遅すぎる深夜の電話は厳禁ですが、好きな人への電話は寝る前あたりの時間を狙ってみるのがおすすめです。

カップルみたいな気分を味わえる

寝る前という時間帯は、その日やるべき事を終えているので相手にとって迷惑になりにくいと共に、夜という時間帯ゆえ、自然とカップルのようなラブラブのムードが出やすいところもおすすめポイントです。

 

特に、まだ付き合っていない気になる異性に電話をするとなったら、誰だって緊張しますね。

本当の恋愛が楽しめる

そのような中で、気心知れた相手とでないとまず共有する事のない夜寝る前という特別な時間帯に電話を通して一緒の時間を楽しむという事は、気軽にカップル気分味わえます。

疑似カップル体験をできるうえに付き合った後のイメージも膨らみ、一気に恋愛関係に発展するきっかけにもなりやすい、とう特徴が寝る前の電話にはありますね。

夜はどんな人でも大胆になる

1日のやるべき事を終えて多くの人が最もリラックスして過ごしている時間帯である夜、その中でも寝る前というタイミングは、なんとなく昼間より大胆な気分なりがちです。

 

感情が盛り上がりやすい時間帯でもあるので、お昼間に電話するよりも、なんとなくロマンチックな、特別な2人感を意識した会話につながりやすいというメリットもありますね。

 

特に、少しお酒を飲んでいるとその大胆さには尚更磨きがかかります。

お酒を飲む飲むのもアリ

好きな人の電話に緊張しすぎてしまう人は、あえて軽くお酒を飲んでおき、ほろ酔い気分で電話すると会話が盛り上がりやすくなるかもしれません。

好きな人に「また電話したいなぁ」と思わせる方法

電話を自分から仕掛けるだけでじゃなくて、相手から「電話したいなぁ」って状況まで持って行きたいですよね。

 

その為にはそれなりのコツだったりが必要です。

 

ここでは相手から好かれる電話のコツなどについて紹介していきますね。

のとのと

上手くいけば「今度自分から電話してみようかな・・・」って相手に思わせる事が出来るかもよ。

好きな人が喜んでくれそうなセリフを言ってあげよう

男女問わず誰だって、褒められたいという気持ちを持っているものです。

 

一方で、大人になると自然と、褒められる機会自体減ってしまいますね。

 

そのため、好きな人が嬉しくなる、あるいは褒めるようなセリフ、感謝するセリフ、労るようなセリフを積極的に電話で伝えていくのがおすすめです。

のとのと

そうすると、自然と相手はあなたとまた「電話したい」と思ってくれる事だろうね。

変なイメージを持たれるくらいなら・・・

ただ、恥ずかしいからといって軽いノリで発言するのは厳禁です。

むしろいい加減な誰にでもそういう事を言っている軽い人と思われて、マイナスなイメージを持たれてしまうかもしれません。

何事においても言えるかもしれませんが、さじ加減には注意しましょう。

できるだけポジティブな話を

ネガティブな言葉をつい言いたくなる気持ちはわかります。

 

でも、悪口や人を非難する言葉を好きな人との電話で繰り返し口にするのはやめましょう。

ちょっとしたネガティブ発言も最初は止そう

「ない」という否定的な言葉が入っているだけでネガティブな雰囲気になり、楽しい気持ちになかなかなれなくなってしまいます。

そんな楽しい気持ちになれない人との電話をまたしたいと思う人はまずいません。

そのため、好きな人に「また電話したいなぁ」と思ってもらいたいなら、できるだけポジティブな表現を心がけましょう。

 

また、クセをつけるためにも、日頃からポジティブな発言を心がけておくのがオススメです。

次回の電話やデートのきっかけを構築しておく

上手に恋愛の主導権を握れる、いわゆるモテるタイプの人の特徴に、自然と次の機会に繋がる会話を積み重ねられている、というものがあげられます。

 

そのような次につながる会話をひとつでもできれば、相手は自然と「また電話しなくちゃ」と思ってくれます。

 

相手が好きな食べ物を聞いてくれたなら、「今度一緒に食べに行こう」など、軽いノリでデートに誘ってみるのもオススメですね。

自分から誘ってみるのもあり

また、その手の会話の糸口をなかなかつかめていないときには、自ら次につながる質問を相手に振っていきましょう。

次回の電話やデートのきっかけとなる約束をできれば、必ず次につながります。

出来るだけ大きめなリアクションを取ろう

リアクションの薄い人と会話をしていて楽しいと感じる人はまずありません。

 

特に、身振り手振りや表情が一切見えない電話は、特にリアクションが伝わりにくいコミュニケーション手段である、という点には注意が必要です。

聞こえてるか分からないかもしれない

自分ではしっかりリアクションしているつもりでも、普段からおとなしいタイプの人の場合電話の向こうの相手からしてみると「ちゃんと話を聞いてくれているのかな。」などと考えてしまうかもしれません。

そんな考えすらも、不安を感じさせている可能性も十分ありえますね。

そのため、電話では、ちょっと大げさと思うくらいいつもより大きめなリアクションを心がけてみるのがオススメです。

無言の時間を楽しめるようにしよう

どんなに盛り上がっている会話であっても、話が途切れる空白の時間は必ず発生します。

 

それは、電話であろうと対面であろうと同じ事ですね。

のとのと

ただ、その際に焦るのは厳禁だよね。

無理してその空白を埋めようとしすぎると、気を使われていると相手に感じさせ、次また電話したら迷惑かな。

 

そんな思いを抱かせてしまうかもしれないからです。

何でも楽しめるくらいにしておこう

そのため、無言の時間をあえて作る、そのくらい余裕のもった気持ちで会話を楽しむのがおすすめです。

逆にその無言の時間を待ったからこそ、相手が話したかった事を始めてくれる事もありますね。

無言の時間も楽しめる心の余裕を持ちましょう。

好きな人を電話に誘う良い方法って何?

電話をするタイミングや口実が分かっても、それでも緊張しちゃう人はしちゃうだろうし、そもそも好きな人との電話で緊張しない人の方が少ないはずです。

 

ここでは好きな人へ電話をする時の注意点と言いますか、電話をする時に覚えておいた方が良いコツを紹介していきますね。

のとのと

好きな人へ電話する時に覚えて置ける情報があったら、良いよね。

相談がある事を伝える

「みんなの前ではちょっと話しづらいんだよね」と言うと、話しにくいから電話をかけていいという口実が作れます。

 

「ちょっと相談したい事があって、電話かけていいかな?」というように、相談したい事があるという内容も良いでしょう。

 

相手も頼られていると思えば、決して嫌な気持ちになる事はほとんどいないと思います。

予め伝える事が大事

「電話していいかな?」という言葉に「いいよ」と、頷くでしょう。

「友達が恋人と喧嘩しちゃったんだ、友達は悪くないみたいなんだけど謝ったほうがいいのかな?アドバイスない?」という内容も良いでしょうね。

とにかく、相談事を伝える事が大切になってきますね。

好きな人の趣味や得意な事を教えて欲しい事を話を伝える

好きな人と同じ趣味があるのなら、そこから電話に誘うといった事もできます。

 

同じ趣味でも相手がとても詳しいかもしれませんね。

 

そうすると「詳しく知りたいなぁ、電話のほうが早いかな?」と伝えてみましょう。

のとのと

この言葉だけで、電話へ誘導する事もできるよね。

人は好きな物を語りたい節がある

電話の約束を取り付ければ、後は自分が全く知らない分野においてても相手は話をしてくれるでしょう。

自分の好きな事を誰かに伝えたいという気持ちは、誰しもが持っている事です。

この時に、相手と話していて話し手になりすぎない事です。

 

「それで!それで?」と言ったように、さりげなく聞き役になりましょう。

素直に自分の気持ちを伝える

普段からやり取りをしている二人なら、もしかするとダイレクトに電話したい事を伝えた方が分かりやすいかもしれません。

 

好きな人とのやり取りの中で「もしかしたら気がある?」と感じ始めているのなら、電話の約束を取り交わしましょう。

例えば

LINEでやり取りをしていたら、「文字打つのが疲れちゃった、今から電話で話そうよ!」「直接会いたいけど、声だけでいいから聞きたくなっちゃった、ダメ?」という伝え方も良いでしょう。

相手も電話で話したいけど、相手に悪いかもしれないなと感じているかもしれません。

相手に対しても、自分に対しても素直になる事もテクニックのひとつです。

好きな人に電話する時の注意点って?

こちら側からしたら、好きな人と電話が出来るので話せるだけで幸せですよね。

 

ただ、相手がもしかしたら、電話が苦手かもしれないし、それによって負担をかけてるかもしれません。

 

なので、相手に電話を気持ちよく出てもらうために、これから紹介する注意点を踏まえた上で、電話していきましょう。

最初に用件を伝える

「もしもし」といった瞬間から、電話でなくてもよい話しから始めてしまうのは、決して良い事ではありません。

 

たとえ夜だとしても、仕事をしていなかったとしても、好きな人も忙しい可能性はあります。

 

なので、最初から他愛もない話しをするのではなく、まずは自分が話したい用件を伝えるようにしておきましょう。

具体的に伝える事が大事

「あのね、相談があるんだ」「あのね、急用なんだけど」というように、最初に用件を言っておくと電話の目的が明確になります。

相手も聞きやすい環境を整えてくれる可能性が出てきますね。

そうでないと相手も「ごめん、今忙しいから」というように目的を伝える前に切ってしまうかもしれません。

独りよがりの会話にならないように

他愛もない話しをしていると、どうしても沈黙が流れてしまう時があります。

 

かと言って、その沈黙が嫌だからといって一方的にダラダラと話してしまう人がいますね。

例えば

相手が話し手ではなく聞き上手な方であった場合、その性格的に控えめな性格だと思われます。

その話しが嫌だとしても、電話を切る事もなくずっと聞いてくれているでしょう。

しかしそれは、相手にとっては耳障りになったり、内容によっては負担になります。

 

自分の話しばかりに偏らず、途中で相手が話せるように質問をしたり、会話を引き出すのもおすすめですね。

のとのと

相手がいて初めて会話が成り立つ事を頭の中に入れておいて。

時間を時々確認

女性というのは、おしゃべりが大好きな生き物です。

 

なので、異性・同性、どちらにおいても長電話をしてしまう傾向があります。

 

しかし、時間を気にせず話していると相手も負担になるでしょう。

相手の心境や状況を考えて行動しよう

「明日仕事なのにな」「明日早出なのに」「早く寝たいのにな」と考えているかもしれません。

なので、電話で話してる時は「まだ大丈夫?」と、相手に必ず聞くようすると良いですね。

電話している時間が1時間以上経っている場合は特にそうしましょう。

また、途中でそうした空気を感じた場合、「明日もあるし、そろそろ切ろうか?」と、切り出すのも良いでしょう。

 

相手の事を考えて言ってるように話せば、必ず伝わるので悪い雰囲気で終わりになりません。

あまりネガティブな発言をしないように

LINEでメッセージのやり取りなら大丈夫なのに、どうしても電話になると自信がない、という人もいるでしょう。

 

どうしても会話中にネガティブな発言を繰り返してしまう傾向にもあります。

 

しかし、そうしたネガティブな発言は控えた方がいいかもしれません。

自分が負担になってないか考えてみよう

どうしても相手にその意思が伝わってしまい、話を聞いているだけで荷の負担を感じてしまいます。

なので、相手もそっけない態度になってしまうかもしれません。

それを感じたときに「あれ、電話、迷惑だった?」というよりも「今、大丈夫だったかな?」というように、相手の事を気遣うような言葉を口にしましょう。

意味の無い電話は避けよう

1日はあっという間に過ぎてしまいます。

 

それは電話で話しをしていても感じる事になりますね。

 

その電話が、意味のある電話であれば問題はないのですが、意味のない他愛もない話しをダラダラダラダラとしまうと、電話をした意味はどこにいてしまうのでしょう。

ダラダラ電話するのは止めよう

特に付き合う前というのは、時間を浪費してしまいがちです。

相手の事が知りたい、と思うあまりの行動になりますが、それでも話しているうちに内容があっちこっちにいってしまうケースがありますね。

なので、電話をする前にはある程度、目的をもって話しをするという事を考えてからかけると良いでしょう。

まとめ

ここの記事で分かった事

  • 好きな人と話すのは夜の寝る前が一番良い
  • 好きな人に電話をさせたいと思わせるには、相手が話してて気持ちよくさせないとダメ
  • 好きな人と電話をする前に、しっかりと何を話すか伝えておこう
  • 相手ありきの電話なので、感謝の気持ちを忘れずに、独りよがりの電話にならないようにしよう

やっぱり、好きな人に会えないとしても、声だけは聴く事ができるのが電話の凄い所ですよね。

 

ただ、人によっては本当に電話が苦手な人もいるので、相手の事はよく考えておきましょう。

のとのと

まあ、相手の状況と心境さえわかっちゃえば問題ないけどね。