寂しい時に男に頼るのはある?注意点や対処法について

この記事では寂しい男に頼る時の注意点や対処法について紹介していきます。

この記事で分かる事
  • 寂しい時に男に頼る気ってどうすれば良いの?
  • 寂しいと感じた時はどうすれば良いの?
  • 男性に甘える時の注意点って何かある?

チョットした時に、すごい孤独感が自分を襲って寂しい気分になる事ってみなさんありませんか?

 

人によってならない人もいるかもしれませんが、全員が寂しいと感じるような場面が誰にだってあるはずです。

のとのと

センチメンタルになりたい時ってあるよね。

なので、ここでは寂しいと感じる瞬間だったり、寂しいと感じる理由、さらに寂しいと感じた時の対処方法などについて紹介していきます。

ここの記事で分かる事

  • 寂しくなる時はどういう瞬間なのか
  • 人が寂しいと感じる時の理由とは
  • 寂しいと感じた時はどうすれば良いのか
  • 寂しい時、男性に頼る時の注意点

女性が寂しい時ってどういう時?

まず、こちらでは人がどういう時に寂しく感じるのかについて、よくあるケースを紹介していきますね。

 

今現在、寂しいと感じている人はこれから紹介するケースに当てはまってるかもしれません。

のとのと

逆にまだ寂しいという気持ちになってないなら、未然に防ぐ事が出来るからね。

一人でいる時

寂しさは、人と時間を共有しているときには感じにくいものです。

 

「誰かと一緒にいる」という安心感があるからですよね。

 

しかし、1人で長時間過ごしていると、静まり返った空間を意識したり、誰も話す人がいない事に目が向いたりしてしまい、「寂しい」と感じるようになる場合が多いです。

本当の寂しさ

特に、普段は友人や家族などと一緒に過ごす時間が長い人が、急に1人で過ごす時間が増えてしまったときなどは、人恋しく思うものですね。

また、悩み事や、今すぐ聞いて欲しいという出来事が起こったけれど、一人きりの空間で誰とも話さずにいなくてはならないといった場合の寂しさはひとしおです。

寒い季節が来た時

普段から家族や友人などと関わりを持っており、特に寂しがり屋な性格ではない人でも、寒さが身に堪える冬が訪れると、なんとなく寂しさを感じるようになる場合もあります。

 

人は、寒い時期には温もりを求めるようになるため「誰かと会いたい」などといった気分になりやすいのですね。

 

たとえ同じ家で暮らす人がいたとしても、出勤のタイミングが違うなどで一緒にいられる時間が少なければ、寂しいと感じてしまいます。

冬の温かさを持てない悲しさ

また、冬はクリスマスやお正月など、一家団欒で楽しむ行事も目白押しです。

なので、そのようなときに一緒にいる人を求めるのは当然の事ですね。

何かのイベント事の時

仲間内でイベントに参加してワイワイ盛り上がった後に、帰宅して1人になると、そのギャップから寂しさを感じるものです。

 

イベントが終わってしまったという喪失感も加わりますね。

 

そして、夏休みや花火大会、クリスマスやカウントダウンイベントなど大きなイベントが近づいてくると、誰かと一緒に過ごしたいという気持ちが大きくなります。

友達も恋人もいない辛さはある

皆が恋人や友人などと楽しく過ごしている間に、自分だけ1人取り残される事に焦燥感を覚える場合もあります。

イベントは一緒に行く人とコミュニケーションを取る事で楽しさを倍増させますね。

なので、イベントが近づくと一緒に行く人を探したい気持ちになるのです。

あなたが寂しいと感じる理由は?

人が寂しいと感じる時は、その時の環境だったりがきっかけだったりするんですけど、その深い所には理由があります。

 

日常で感じている心情だったりが、寂しい気持ちが出てしまうんですよね。

 

なので、ここでは寂しさを感じる理由についていくつか紹介していきます。

人と人とのやり取りが少ない

普段から1人で過ごす時間が多く、自然と人とコミュニケーションをとる機会が少ない人は、ふとしたときに寂しさを感じる場面が多いかもしれません。

 

話したい事があっても、話す相手がいないという事が、寂しさを増長させるのです。

一人でいるだけで寂しさを感じてしまう

また、家庭があったとしても、パートナーが単身赴任だったり、子どもが進学で家を出ていったりという事があると、一人だけの空間で過ごす時間が増える事で、「寂しさ」を感じる事もあります。

家族と一緒に暮らしていても、時間やタイミングがうまく合わない事で、会話がほとんどないといったケースもあります。

自分に対して自信が一切ない

自分に対して自信が持てない、いわゆる「自己肯定感」の低さも、寂しさの原因となりえます。

 

自分には能力も魅力もないと思い込んでしまう事で、「自分は誰からも相手にされない、愛されない」などとネガティブな考えに陥ってしまうのですね。

 

自分に自信が持てない人は、自分そのものではなく、仕事や家庭の中での役割や評価などで、自分の価値を図る傾向があります。

自分が必要なのか分からなくなる

なので、自身の立場が揺らいだり、うまくいかない事が増えてしまうと、自分の存在意義もわからなくなってしまうのです。

「ただ生きているだけでは価値がない」という考えを刷り込まれてきた可能性もありますね。

今に満足が出来ない

置かれている立場が、決して恵まれていない訳ではないけれど、今の状況に不満を持っている場合も寂しさを感じる事があります。

 

仕事や家庭の在り方などで、「このままではいけない」「もっとよくしていきたい」という考えに縛られてしまうと、理想と現実との間に挟まれて、不満が増幅してストレスになってしまいますね。

羨ましく感じるだけ

自分が目指す姿に、輝いているように写る同僚やママ友、または有名人などを目にしてしまった場合は、「どうして私はこうなのだろう」とますます寂しさを感じてしまいます。

恵まれている事には目を向けられず、隣の芝は青いの状態になっていますね。

熱中できるものが無い

自分の生活の中に、夢中になって取り組める事がないという事も、生活に張り合いが出ず、寂しいと感じる原因になる事もあります。

 

余暇などに1人の時間を持つ際にも、ただただ時間を潰すように過ごしてしまうのですね。

 

自分の周囲に趣味や仕事に夢中になっている人がいると、その人の事が眩しく見えてしまい、自分の暮らしの充実感のなさに落ち込んでしまうという事もあります。

やりたい事が無いからこそ・・・

何もしない時間が自ずと長くなる事で、クヨクヨ考える時間も長くなり、ネガティブ思考に陥った結果、「寂しい」という感情に繋がる事もあり得ます。

寂しいと感じた時の対処法は何?

やっぱり、女性は男性とちがってホルモンバランスが崩れやすいので、よく寂しく感じてしまいます。

 

それでは女性的にはどういう対処を取れば良いのでしょうか?

 

こちらでは女性の皆さんが寂しいと感じた時の対処法について紹介していきますね。

まずは身体の治療から

女性は生理の影響を大きく受けます。

 

生理前や生理中に、心身やホルモンのバランスを大きく崩す事で体調不良に陥りやすくなりますね。

 

そのため、特に病がある訳ではなくても、かなり落ち込んでしまったり、ちょっとした事で涙が止まらなくなってしまう事などもあるのです。

自分で認めないとずっと調子が悪いだけ

体の調子が悪いときは、その心細さからますます寂しくなってしまうので、注意が必要です。

まずは、「病は気から」という事を心に留め、「生理だから調子が悪く、寂しい気持ちを抱いているのだ」と自己認識する事が大切ですね。

ホルモンバランスが崩れた状態で他人に会うと、トラブルにも繋がりやすいので、そこもしっかり意識してコントロールする事が大切です。

自分の周りに相談できる人に相談してみよう

「寂しい」と感じてしまい、自分ではどうしようもないときは、彼氏や友人、家族に自分の気持ちを打ち明けてみる事がおすすめです。

 

自分の寂しい気持ちを聞いてもらう事でスッキリする事もありますね。

 

ただ、あまりにも愚痴ばかりになってしまったり、感情的になるような事があると、相手を混乱させたり、マイナスの印象を抱かせてしまう事もあるので注意が必要です。

一線引かれてしまう前に

次にまた同じような気持ちを抱いたときに、相談に乗ってくれる人を見つけるためにも、「面倒な人」というレッテルを貼られないよう、加減する事が大切になります。

好きなコンテンツの世界観に没入できる

映画や漫画、小説の世界に没頭する事で、余計な事を考えなくする事ができます。

 

寂しさの原因になっていた事も吹き飛ぶので、気持ちがラクになる可能性が高いですね。

 

笑える作品でもいいですし、やる気をもらえる作品を見てエネルギーチャージをするという手もあります。

寂しい時のルーティンを作っておく事が大事

この方法の良さは、1人で完結する事ができるので、相手の都合を聞いたり、気を遣ったりする必要がなく、自分が好きな時間に始める事ができる事です。

「寂しいときはこれを観る」といったものを、一つか二つ用意しておくと、そのような気持ちになったときに早く切り替える事ができますね。

運動をしてみよう

「一人で部屋にいると段々と気が滅入ってくる」という方におすすめなのが、適度に運動をする事です。

 

体を動かす事で気が紛れ、リフレッシュできるものですよね。

 

特に、筋トレや有酸素運動は体にある程度の負荷がかかるので、無心になり運動だけに意識が向くようになります。

運動をすれば自信もつく

運動をする事で、筋肉がついたり、健康的な体を手に入れる事ができるという点も嬉しいポイントです。

運動がルーティンになる事で、目標ができ、寂しさを感じる時間を減らす事ができる可能性も高いですね。

隙間時間に有意義な事をするという点でも、体を動かしてみる事がおすすめです。

出会いの場に行ってみよう

「寂しい」「なんとなく悲しい」と感じ、一人でいる自分に落ち込みを感じたときは、新しい出会いの場に積極的に足を運ぶといった方法もあります。

 

例えば、合コンや趣味のサークル、イベントなどに行く事で、普段は関わる事がない人たちと交流を深める事ができますね。

 

ただ、寂しいという気持ちだけで行動してしまうと、出会った相手に依存してしまったり、相手をよく見極められなかったりという事態にも陥りやすいので注意が必要です。

心の中で宣言をしておこう

「何がなんでも絶対に恋人や友達を作るぞ!」というのではなく、「新しい人と交流してみよう」という心構えで参加する事がおすすめです。

寂しい時、男性に甘える時の注意点

最後にこちらでは彼氏に甘える時の注意点について紹介していきます。

 

やり方を間違えると、やっぱり相手をイライラさせてしまう恐れもありますので、是非とも押さえていきましょう。

のとのと

出来れば嫌われたくないからね。

相手が忙しい時には甘えない

いくら自分が寂しさを感じているからといっても、彼氏の状況を考えずに一方的に甘えるのはよくありません。

 

仕事中だと分かっていて、電話やLINEの催促は絶対にやってはいけませんね。

 

誰でも、今は集中したいから邪魔されなくないというシーンがあるはずです。

嫌なイメージを植え付けるとロクな事がない

状況を読まずに甘えてしまう事で、「自己中心的な女性だ」「こっちの事は何一つ考えてくれないワガママな女性だ」などと、マイナスなイメージを植え付けてしまう事になります。

彼氏の状況が分からないときは、「今連絡しても大丈夫?」などとお伺いを立てる事がおすすめですね。

あまり人目のつくところでベタベタし過ぎないように

人前でイチャイチャ・ベタベタする事が嫌いな男性もいます。

 

人の目につく場所で、そのような行為を見せてしまう事が、品がないと思っているのですね。

 

元々触られるのが好きではない男性もいるので、付き合いを重ねながらどの程度のスキンシップが適切なのかといった事を知っておく事がおすすめです。

さらに嫌われるだけ

また、人前でイチャイチャしていると、思わぬ人に見られていたり、下手すると写真を撮られている可能性もあります。

常に「誰が見ているか分からない=見られなくない人にも見られているかもしれない」という心構えでいる事が大切ですね。

おねだり系は止めよう

わざわざ欲しいもののサイトを彼に送り、「買ってアピール」をするのはおすすめできません。

 

男性側もイヤな気持ちを抱くのは間違いないですし、「おねだりの度が過ぎる女だ」「俺は財布じゃない」とイライラさせ、あなたへの好意は氷のように冷めていきます

例えば

一緒にコンビニなどにいった際に、お菓子やジュースなどをねだる分には、それほど嫌な気分にはなりません。

しかし、いつもそのような事が続くと「それくらい自分で買えよ。小学生じゃないのだから」という気持ちにさせてしまう事もあるので、注意が必要です。

おねだり系の甘え方は、男性に負担がかかるため、モヤモヤした気持ちが後に尾を引いたりもします。

ワガママと甘えるは違う

タイミングや甘え方によっては、「可愛い」とは思われず、「ウザい」という印象を抱かれる可能性もあります。

 

例えば、彼がものすごく忙しいのをわかっていて、何度も電話をしてきたり、無理難題を言って彼を困らせたりという事は、「甘えてきてくれている」ではなくただのワガママに写ってしまいます。

 

彼氏との関係性を良好に保つためには、相手の立場になって物事を考える事が大切なのは言わずもがなです。

のとのと

自分が彼にぶら下がるだけでなく、彼が大変なときは支えようという姿勢も大切になるよね。

ときには自分が甘えるのを我慢して、気遣いを見せるという事もポイントです。

まとめ

ここの記事で分かった事

  • 寂しいと感じる時は一人でいる時はもちろんの事、寒い季節を中心としたイベント事の時は疎外感から寂しくなってしまう
  • 寂しいと感じる理由としては人と人とのやり取りが少なかったり、他の人と比べて満足できない事が挙げられる
  • 寂しいと思ったら、まずは体調を治そう。そして、自分の中で相談できるような人に相談する事が大事
  • 男性に対して甘えたい時はおねだり過ぎるのはやめて、あくまでも謙虚さを忘れないようにしよう

やっぱり、寂しいという気持ちは男性と女性ではかなり違っていきます

 

寂しいと思った時は無理をするのではなく、その寂しさをどうやって解消すれば良いのかよく考えていきましょう。

のとのと

自分でどうにかできるなら、どうにかした方が良いからね。

どうしても、一人で解消できなかった時に初めて男性に頼るのが良いかもしれません。

 

また、男性に甘える時は先ほど紹介した注意点を始めとした、ポイントやコツを抑えつつしていきましょう。

 

一番ダメなのが、感情的になって甘える事です。

のとのと

男性は女性と違って、感情的にな話し合いが嫌いだからね。

ぜひ、皆さんも甘える時はしっかりと甘えて謙虚になる部分は謙虚になっていきましょう。