日用品でバイブの代わりに代用出来るアイテム特集

この記事では日用品をバイブの代わりにする方法について紹介していきます。

こういう人にオススメの記事
  • バイブを買いたい気持ちはあるんだけど、何か代用品ってない?
  • バイブの気持ちよさに慣れちゃったから、違う物を使ってみたい!
  • アダルトグッズを使うのが怖いから、日用品で試してみたい!

皆さんは電マやバイブ、ローターをお持ちでしょうか?

 

中には買いたくても買えない事情があって、買えない人がいると思います。

のとのと

大きさとかもあるし、買う=怖いってのもあるからね。

買うのだけでも恥ずかしいと感じていたり、同居人がいて買えない場合がありますからね。

 

なので、ここではあなたがバイブを買えない理由を始めとした、バイブの代わりになるものだったり、アダルトグッズ代用品などを紹介していきます。

 

なお、使う時は自己責任でお願いしますね。

ここの記事で分かる事

  • まずあなたがバイブを買う事が出来ない理由には何があるのか
  • バイブの代わりになる振動系のアイテムとは何がある
  • 100均で買えるクラスのアダルトグッズ代用品とは?
  • 日用品や代用品でオナニーをする時の注意点は何があるの?

あなたがバイブを買えない理由は一体何か

まず最初にこちらではあなたが、そもそもバイブを買えない理由を考えていきましょう。

 

買いたくない理由や買えない理由を可視化してみれば、案外買える方法が見つかるかもしれませんので、一度考えてみましょうね。

のとのと

もしも、バイブを買えるとするならそれが一番だからね。

実家暮らしをしているから

私の知り合いは実家で暮らしているのですが、基本的に部屋には誰にも入って来ないそうです。

 

ですが、前に1度、リフォーム会社の方が見に来たからと、知り合いの部屋に知り合いが留守の間に勝手に、父親が入ったと聞きました。

 

最近、オナニーを覚え、スマホで、バイブを買ってもバレない包装のものを見つけて、検索していたそうです。

勝手に入ってきたら変えないのが事実

欲しいなと思いましたが、それを聞いて怖くて買えませんよね。

出かけてる間にはいられたらと思うと、ヒヤヒヤして気が気じゃないと思います。

本当は欲しいけど、バレるのが怖くて買う勇気が出ませんし、隠し場所はあるけど、そこもバレてしまったら恥ずかしすぎます。

買える勇気がないから

大人の玩具が売っているお店は、ピンク色のカーテンで仕切られてて、大人の玩具しか売ってなくて、先ず入るのに勇気がいります

 

入る所を友達に見られたり、知らない大人に見られて、そういう目で見られたらと思うと怖いですね。

 

男性が、大人の玩具のお店に入ってく姿を見ると、卑猥なイメージです。

自分で自分の首を絞めつけちゃうかも

あの人はこれから、オナニーをするのだろうか、はたまた彼女に使うんだろうかと想像してしまいますね。

もし、女性専門店が出来たとしても、きっと、近くには、私たちが出てくる姿をみて、ニヤニヤする男性がいるのかもしれないと思うだけで怖いです。

周りに買うのをバレたくない

大人の玩具を女性が買う理由って、オナニーする事なのかなって思います。

 

きっと、周りの人もそう思うと思いますよね。

 

アダルトショップに入れたとしても、出る時に偶然知り合いと顔を合わせたらと思うとヒヤヒヤしちゃいます。

イマイチ通販サイトを信用できないのかも・・・

通販サイトで、品物名は書きませんと書いてあるサイトもあったけど、会社名でバレたら、触り心地でバレたらどうしようと考えてしまいます。

人にバレて使ってるんだって思われるのって恥ずかしいし怖いですよね。

もっと簡単に、さっとバレずに買えたら良いのになぁと思います。

 

例えば、日用品のコーナーにさりげなく混ざってるとか、コンドームみたいな立ち位置にいてくれたらなと考えちゃいますよね。

バイブの代わりになるアイテム

続きまして、バイブの代わりになるような振動アイテムを紹介していきますね。

 

中にはバイブよりも気持ちいと感じる物もあるので、使っている女性の感想と共に選んでみましょう。

のとのと

この記事の為に使ってくれた女性の意見を用意してみたから、気になった物があったら確かめてみてね。

電動歯ブラシ

電動ブラシを手に当てて、振動を確かめていたら、その振動が気持ちよくて、これは、オナニーに使えるのではと思いました。

 

試しにそっとクリに当ててみると、細かい振動が気持ちよくて癖になりそうです。

 

クリに押し付けるように当てていると、簡単にイってしまいました。

あの細かい振動が身体に直接

その後、そっと中の方に入れてみると、優しい振動がとても気持ちよくて、またイキそうになりました。

電動ブラシなら、怪しまれる事も無く、所持できますね。

私はいつもトイレで歯磨きする事が多いので、家族もなんも疑問に思わないと思います。

 

ただ、よく洗うとはいえ、皆と同じ歯ブラシコーナーに置くのは少し気が引けます。

スマホのアプリ

バイブの代わりに、なにかないかなと思っていたら、スマホが鳴りました。

 

これだ!スマホのバイブを股に当てたら気持ちいいのではないかと思い、ジプロックに入れて、パンツの中へと忍ばせましたね。

 

バイブをオンにしてみましたが、振動が弱く気持ちよくなかったです。

スマホのアプリで疑似電マを発見!

アプリで何かあるかなと思い、バイブと検索すると、電マアプリが出てきました。

ダウンロードして、もう一度当ててみると、さっきより、振動も強く気持ちが良くて最高でしたね。

モードも選べて、自分の好きなバイブモードに出来ました。

 

私は、連続振動より、途切れる振動のが感じましたので、文明の進化に感謝です。

美顔器

お風呂あがり、パンツ1枚で、足をコロコロと美顔器で揉みほぐしていました。

 

太もももしっかり揉みほぐしていると、少し股のところに当たりましたね。

 

一瞬でしたが、ビクッとしました。

ふとしたアイデアがバイブの代わりに!

もう一度、股関節の部分をコロコロしてみると、性感帯が反応しました。

そのままパンツの上から、コロコロと動かしてみると、気持ちよくて驚きましたね。

優しくコロコロした後に、強めにコロコロすると気持ちよくて頭が真っ白になりました。

 

自動で動く超音波美顔器もあると聞いたので、買って試してみたくなりましたね。

 

そのまま、脚やせになってくれたら一石二鳥なのになと思いました。

シャワー

1番お手軽な、購入しないオナニーはシャワーです。

 

お風呂の時に、シャワーを股に当てて、座らずに立ったままクリに当てますね。

 

立つメリットは2つです。

あるメリットが生まれる

1つは、鏡に映った自分の姿を見て興奮する、2つ目は股を大きく開いて、シャワーを近くで当てれる事です。

水量を強にすると、クリだけではなく、中にまで入ってくる水圧が気持ち良いですね。

時々、ちょろちょろ出して焦らしながら、胸を触るのもまた興奮します。

 

シャワーを当てながらできるので、衛生的でもありますね。

のとのと

一緒に触った手もすぐ洗えるので便利そうだよね。

ただ、やりすぎると、洗いすぎになるので気をつけたいです。

ゲームのコントローラー

戦いゲームをしていると、頻繁にゲームのコントローラーがバイブしますよね。

 

これは使わない手はないと、ジプロックに入れてて股に当てました。

 

コントローラーの、持ち手の部分をクリに当てると振動がとても気持ち良いです。

両方気持ちよくなってしまう

バイブのオンオフ、振動の強さも自由自在に操作できます。

何度もKOされてしまいましたし、少し、持ち手をクイッと膣の中に入れると、クリも同時に責められ、頭が真っ白になりますね。

そのまま少し動かすと、振動とちょうどいい硬さが、気持ちよかったです。

 

ただ、防水機能はついてないので、イキすぎ注意ですね。

のとのと

どちらも壊れてちゃうね。

物凄く安く買えるアダルトグッズ

こちらはバイブに限らず、疑似ディルトを始めとしたアダルトグッズ代用品を紹介していきますね。

 

先ほど同様、女性が使ってみた生の声なども入れておきますので、是非とも妄想してみてください。

のとのと

一番は妄想をしてみて、使ってみたいと思った物だからね。

エロは想像!マインドが一番大事!

綿棒

意外に、アダルトグッズは結構なお値段しますが、その代用品に打って変わるのが100均グッズです。

綿棒でも逝く事が出来る

その中でも意外な盲点となるのが綿棒!

あの細っこい棒なのに、耳の中に入れると刺激的だと思いませんか?

なので、乳首やクリトリス、アナルなどのデリケートな部分を刺激するにもと〜てもおすすめですね。

耳の中を傷つけないような素材でもあるため、デリケートな部分に挿入しても痛みはほとんどありません

 

普通の細さに慣れてきたら、ちょっと形状に変化のあるスパイラル形状の綿棒やウェットな綿棒、香り付きなどを試してみてはいかがでしょうか。

メイクブラシ

女性ならよく分かると思います。

 

メイクブラシは頬などに使う事がありますが、デコルテラインにもパウダーを乗せたりしますよね。

 

その時にブラシを撫でるように使いますが、毛並みの質が良いメイクブラシなら撫でるだけなのに気持ちよくなれます。

実際に使ってみると・・・

デコルテラインから胸元にまでブラシを当てて、くるくると撫でるようにマッサージをする、そうする事で一人でも気持ち良さがグッと高まります。

実際にやってみましたが、快感を覚えました。

幅も様々、硬いブラシ、柔らかいブラシなど、肌触りも違いますし、好みのものを見つけるのがいいと思います。

洗濯ばさみ

自分の性感がSっ気なのかMっ気なのか、それによっては使うアダルトグッズも異なります。

 

しかし、攻められるのが好き・攻めるのが好き、どちらにもオススメなのが洗濯バサミですね。

のとのと

洗濯バサミは100均にも売っているからね。

洗濯バサミの使い方としてはあるあるネタですが、乳首に挟む事とで刺激的で性感帯を感じやすくなるのでオススメです。

 

また、洗濯バサミにも様々な圧力がありますね。

使い分ける事も出来る

弱いもの・強いもの、それによって刺激をだんだんと強くしていけますね。

異なる圧力の洗濯バサミを準備しておけば、弱める事もできるので、初めての人にも扱いやすいかと思います。

ぷっちょグミ

ダイソーやキャンドゥなどの100均に行ってみてください。

 

お菓子売り場を見てみると、容器に入っているお菓子があるかと思いますね。

 

その一つにぷっちょグミがあるんですが、ぷっちょグミの容器の形状はポコポコとした形になっています。

自分の一番デリケートな部分を何度も攻めれるかも

波形の形状の容器、それを使う事によってびっくりするぐらい性感を刺激する事ができます。

波形なので、出し入れをする事によってデリケートな部分をかなり刺激しますね。

アソコがゆるくない場合に特におすすめで、しっかりとフィットしますよ。

 

ディルドやアナルプラグとして使用する事ができるのでおすすめですね。

日用品でオナニーをする時の注意点

最後にこちらでは日用品でオナニーをする時の気を付けるべき点を紹介していきます。

 

やはり、オナニー目的で作られた物ではない物でオナニーをするので、それなりに注意点はありますね。

のとのと

使う時は自己責任だけど、世の中の女性は結構使ってるみたいだけどね。

それなりのリスクは承知しておく

安い商品を使うという事に対しては、もちろん想定されていない使い方になります。

 

なので、想定範囲外となるトラブルが起こりやすくなりますね。

一番怪我をしちゃいけない部分でもある

例えば、デリケートゾーンというのは皮膚が薄く、また刺激に弱くて敏感です。

なので、どうしてもその部分を傷つけてしまいますので、洗濯バサミで乳首を挟んで楽しむプレイでも、乳首から出血したり、切れたりしますね。

膣内に異物が入る事でおりものの量が増えたり、出血をしてしまったりもします。

 

なので、固いもの、先が尖ったものなどは要注意ですね。

 

また、清潔にしていないままの使用も避けましょう。

もしかしたら壊れてしまうかも

日用品の多くは消耗品です。

 

例えば、洗濯バサミは紫外線を浴びてしまうとすぐに壊れてしまいますね。

 

プラスチック製品なので、紫外線に弱い素材です。

使用用途が違うのだから壊れるのは当たり前

劣化が早まったり、壊れるといったリスクはすごく高まります。

基本的に日用品なので、それ相当の強度、耐久性を備えていませんし、安ければ尚更ですね。

特にオナニーをする時には必ず消毒をしたり、水で洗ったりとするはずです。

 

そうすると耐水性がない日用品に関してはすぐに壊れてしまいますね。

のとのと

カビが生えたりするからね。

なので、使っている時に壊れてしまって、それが原因でデリケートゾーンを傷つけてしまう可能性も高まります。

コンドームを付けたりなど保護しておく

アダルトグッズはセックスやオナニー目的で開発されています。

 

しかし、日用品はそうした意味で開発されているわけでもありません。

相応しくない使い方をすれば壊れるのは当たりまえ

素材もそれに対応しているわけでもありませんよね。

なので、どうしても膣内に入れるとなると危険が伴います。

傷つけないようなソフト素材などを用いるようにしましょう。

 

また、男性が使うコンドームをつける事も対策です。

のとのと

コンドームを使用する事で日用品がオブラートに包まれたような状態になるからね。

日用品と皮膚との間に壁が作られますし、日用品に体液がつくのを防げて、膣には日用品の汚れがつくのを防げます

あまり気持ちよくないかもしれない

日用品というのはオナニーやセックスのための用品ではないので、それに考えられて設計されてはいません。

 

なので、本来の用途とは違う分、それを使ったからといって快感を得られるわけではありませんね。

 

どうしても本物のグッズを使っていたとしたならば、その違和感には当然気付くかと思います。

逆に良くない事が起きるかもしれない

思ったほど刺激的ではない、逆に気持ち悪くなるといった事も考えられます。

刺激がないからといって強く押しあててしまうと、それだけ危険も付いてきますね。

反対に必要以上に強すぎてしまうと、普通のセックスの時にその性感帯が麻痺してしまう可能性もあります。

まとめ

この記事で分かった事

  • バイブを買えない理由に多いのが同居人の存在、その次としてお店側の店員の目が怖いというものがあった
  • バイブの代わりになるものとして電動歯ブラシがあるが、0円でも代用できるものがシャワー
  • 100均でも変えてしまうようなアダルトグッズとしては綿棒やメイク用ブラシがある
  • 当然、日用品による代用品はオナニーの為に開発された物じゃないので、壊れてしまったり、逆にデリケートゾーンが傷ついてしまう可能性もある

もしも、何が良いのか分からないのであれば、紹介した代用品を全て試してみましょう。

 

その中に自分の体にフィットするアダルトグッズが見つかるはずです。

 

そして、一番良いのは素直にアダルトグッズを買う事なので、買う事が出来るならできるだけバイブを買う事が一番ですね。