このページでは、パパ活のやり方から、パパ活で必要なテクニックについて詳しく紹介しています。

 

以下の方は参考になりますので是非チェックして下さい。

  • パパ活を始めたいと思っている
  • パパ活で上手く稼ぐ事が出来ていない
  • パパ活で危険な事や対処法を知りたい。

パパ活は、誰でも気軽に始める事が出来て、外見レベルが高くなくても、しっかりと稼ぐ事が出来ます。

重要なのは、容姿ではなくやり方です!

パパ活の始め方

パパ活を始める事自体は難しい事ではありません。

 

パパになってくれる男性を見つける事が出来たら誰でも簡単にパパ活を始める事が出来ます。

パパを見つける事が出来ればパパ活を始める事が出来る!

パパ活は上記のような流れになっています。

 

パパ活のやり方について詳しく知りたい場合は、下記の記事をご覧下さい。

上記の記事を読む事でパパ活の流れについて理解する事が出来ます。

 

ですが、パパ活には様々な種類のパパ活があります。

  • 食事パパ
  • デートパパ
  • 大人の関係パパ
  • 定期パパ
  • 都度パパ

デートの内容やお手当の形態も変わって来るので、自分が始める予定の形態の部分はチェックしておきましょう!

下記の内容で気になる部分があればクリックする事で詳しい情報が分かります!

パパ活の種類 特徴
食事パパ パパと一緒に食事を楽しむ
デートパパ 買い物や映画を観に行く
大人の関係パパ パパと体の関係を持つ
都度パパ 会った時にお手当を貰える
定期パパ 月の終わりにまとまったお手当を貰える

パパ活のテクニック

パパ活をする時に何も考えずに始めてしまうと、中々稼ぐ事が出来ない場合があります。

 

男性との関わり方が上手かったり、キャバクラなどで働いた事がある方は、最初からスムーズに進める事が出来ると思います。

 

ですが、パパ活をしてる男性に気に入って貰う事が出来なければ、稼ぐ事が難しい。

パパ活で稼ぐ為には、テクニックも必要!

パパ活で稼ぐ為には、テクニックは必須ですか?
テクニックがなくても稼ぐ事が出来ます。ですがテクニックを使った方が効率良く、稼ぐ事が出来ます。パパ活でしっかりと稼ぎたい方は、テクニックなどを覚えた方が稼ぎやすいと思います。
パパ活で稼ぐ為のテクニックは難しいですか?
特に難しい事はありません。相手は男性ですので気遣いが出来る方だったり、連絡をマメに出来る方であれば問題ありません。

パパ活のテクニック連絡編

パパ活では、パパ活サイトだったり、出会い系サイトでパパになってくれる男性を探します。

  1. パパからメッセージが届く。
  2. 条件が合えば顔合わせ。
  3. 顔合わせで良ければパパに。
  4. 実際にデートに行く。

パパ活をする時は、上記のような流れになりますが、顔合わせまで繋げるだけでも最初は苦戦すると思います。

メッセージは大量に届くけど顔合わせまでいける人が少ない!

パパ活では、メッセージは、たくさん届きますが、実際に会える所まで行ける人は、かなり少なくなります。

Bさん
年齢:20代
パパ活歴:1年
登場人物B
パパ活サイトに登録した時に、最初は1日に30件以上メールが来たんですけど、中々顔合わせまで繋がる人がいませんでした。多分、条件だったり、メッセージの反応で会うかどうか判断されたっぽいです。

上記の方のように、パパ活サイトに登録して、メッセージはたくさん貰ったけど「顔合わせまで順調に何人も行けた!」という人は少ないと思います。

 

まずは、メッセージの段階で男性に、気に入って貰う必要があります。

 

そこでメッセージをする時に気を付ける事やテクニックについては、下記の記事ご覧下さい。

上記の記事を読む事で、男性と顔合わせに行ける確率が上がると思います。

 

パパ活では、少しの気遣いが非常に重要で、小さな行動で他のパパ活女子に差をつける事が出来ます。

パパ活のテクニック!デート編

顔合わせまで持っていく事が出来れば、今度はデートの時のテクニックになります。

 

メッセージの段階で会う事が最初の目標になりますが、次の目標は会った時にパパに気に入って貰えるかどうかです。

実際に会った時に気に入って貰う必要がある!

パパ活で注意する事

パパ活は、会社などに属するのではなく、個人で稼ぐスタイルになります。

 

ですので、何かトラブルが起きた場合は、自分で対処するしかありません。

自分の身は自分で守る!

ですが1番良いのは、トラブルに巻き込まれない事です。

 

トラブルを事前に防ぐ事が出来たら、問題が発生する事はありません。

上記の記事では、パパ活で危険な男性の特徴について詳しく解説しています。

 

パパ活をする際は絶対にチェックしておいて下さい!